採用情報

recruit

ホーム > 採用情報

採用メッセージ

message

私たちが求めているのは、ものづくりに対する興味をお持ちの方です。
私たちが手掛ける樹脂金型は、とても専門性の高い分野であり、入社後に実務を通じて学んでいただくことがほとんど。
それだけに高校・大学時代に「何を学んだのか?」よりも、ものづくりへの「熱意」や「やる気」を重視して選考を行っています。

私たちが設計・製造を行った金型から、自動車のさまざまな外装・内装部品が作られています。
当社の金型からできた部品を街中で見かける機会も多く、目に見える形でやりがいや達成感を味わえる面白い仕事が待っています。

教育制度

education system

新入社員研修においては、当社の代表・小塚が自ら6時間にわたる研修を担当し、会社の想いや今後の方向性について詳しくお伝えしています。
また、現場でのOJTに加え、CADの技術を習得するためのCAD教育など、座学による研修も随時行っています。
2015年には、指導者を受け入れ、若手技術者を育成するための独自の研修カリキュラムを構築。
技能検定の試験に向けたサポートにも力を入れており、2021年までに治工具1級2名、2級2名の合格者を輩出しています。

CAD教育

技能練習

また、社員サービスの一環として社員の要望を集めて働きやすい環境づくりに取り組んでおり、社内トイレの増設・改修やエントランス、食堂の改修など継続的な改善を進めています。
近年では社員の健康にも目を向け、社内の感染予防を始めストレスチェックや、健康相談などの取り組みを行っています。

先輩の声

voice

CADグループ

リーダー / 2009年入社

金型の設計業務を担当しています。
お客様からプラスチック部品の3Dモデルをいただき、それを基に金型の3Dデータを作成するのが主な業務です。
製品ごとに構造に違いがあるため、特に複雑な設計を行う際には、部署内でディスカッションをしながら設計を進めていきます。
金型の設計は同じ形状がほとんどなく、毎回のようにゼロからスタートするため大変ですが、
新車の部品の金型を設計する際などは、世の中に出回る前に車のデザインを知ることができてとても楽しいです。

入社を決めた理由を教えてください。

私は工業高校出身で、漠然と「ものづくりの仕事がしたい」と考えて就職活動をしており、その中で学校の先生から紹介されたのがコヅカテクノでした。
自動車部品の金型の製作・設計という未知の分野ではあったものの、会社見学の際に会社の理念やものづくりへの想いを社長から直接説明していただき、その考えに共感したのが入社の決め手になりました。

仕事のやりがいはなんですか?

自分が設計したデータから、そのままの形で鉄が彫られ、問題なく製品ができあがった時に一番のやりがいを感じます。現場の方に「この金型は作業しやすい構造だね」と褒めていただけた時もうれしいですね。
また、実際に日本国内で販売されている車に、自分が設計した金型でできた部品が取り付けてあるのを初めて見た時には感動しました。実際に目で見える部品の金型が多い分、喜びも大きいですね。

仕事をする上で大切にしていることを教えてください。

設計は基本的にパソコン上で行います。私は入社以来ずっと設計を担当しており、現場経験はゼロ。
そのため、完成した図面を実際に形にしてみると、思っていた以上にサイズが大きかったり、作業スペースを大きく取れなかったりといったギャップが生じることもあります。
そこで、できる限り現場に足を運び、実際に加工する人、組み付ける人の意見を取り入れるようにしています。 やはり「現場現物」が大事ですね。また、今年から設計部門のリーダーを務めていますので、メンバー同士のコミュニケーションも大切にしています。

コヅカテクノを検討している後輩へ
メッセージ

私自身、金型の存在すら知らない状態で入社しましたが、先輩たちに支えられてここまで頑張ってくることができました。自分が携わった部品が街中で走る車に取り付けてある光景を見た時には、きっと誰でもうれしい気持ちを味わえるはず。ぜひ一緒に頑張っていただければと思います。
また、社内には女性スタッフもたくさんいます。設計グループも5名のうち2名は女性ですし、ものづくりに携わりたい女性にもぜひご入社いただきたいですね。

製造技術グループ

2019年入社

製造技術グループに所属しています。金型を完成させた後、金型から部品を作る成形機という機械を実際に動かし、きちんと部品ができるかどうかを確かめる仕事です。不具合などが発生しないかチェックし、その結果に基づいて金型の最終仕上げを行う部署に展開して修正してもらいます。私たちがいい加減だと、品質に問題のある金型がお客様に流れてしまいます。それだけにとても責任のある仕事です。

入社を決めた理由を教えてください。

大学時代には工学部でエンジンの燃焼について研究していました。コヅカテクノを知ったのは、大学内で開催された合同企業説明会がきっかけです。自動車関連の会社に就職したいと考えるなかで、コヅカテクノが手掛けている金型設計・製造に魅力を感じ、ぜひ大学での勉強を活かしながら頑張ってみたいと思うようになりました。特に、最後の部分を人の手で調整しているところが、ものづくりに携わる実感が持てて面白そうだと思いましたね。

仕事のやりがいはなんですか?

コヅカテクノの製造した金型から部品ができあがり、実際に走っている車にその製品が取り付けられているのを見られるのは、他ではなかなか味わえないやりがいだと思います。製造技術グループの一員として、金型の品質を担う責任を感じる一方で、お客様にご満足いただける金型を提供し、喜んでいただけた時の達成感が大きいのも魅力ですね。

仕事をする上で大切にしていることを教えてください。

失敗がないようにすること、業務が滞らないように次工程へ展開することを常に心がけていますね。ただ、最初のうちは、分からないことがほとんどだと思います。職場にはベテランの技術者もいますので、先輩たちに教えてもらいながら徐々に覚えていけば大丈夫です。しっかりとフォローしてくださる方ばかりなので、知識がない方でも安心して仕事を始めていただけると思いますよ。

コヅカテクノを検討している後輩へ
メッセージ

大切なのはやる気です。自らいろんなことに首を突っ込み、自分のものにしようという意欲のある方にぜひご入社いただければと思います。私が担当している仕事は、修正の指示を出す立場ですから、自分から動いて知識をかき集めてくる積極性が大事です。現場に出向いて問題を自分で調べる。そんな主体性を大事にしてほしいと思います。

機械グループ

2011年入社

機械グループで勤務し、鉄を削って金型を製造する工程を担当しています。CAMグループから送られてきたデータを使って金属を削ったり、放電加工機でカーボンをスパークさせ、金型の形状を出したりする作業を行っています。金型は一品一様で、すべて形が違います。毎日のように作るものが違うので難しいことも多いですが、ものづくりの面白さを実感できるのが魅力です。

入社を決めた理由を教えてください。

工業高校の機械科で学んでいたため、将来は機械を扱う仕事に就きたいと考えていました。高校時代に砂型の授業が大好きだったこともあり、コヅカテクノが金型の設計・製造を行う会社だと知った時には、面白そうな会社だなと思いました。その後、会社見学に訪れた際、社員の皆さんが気さくに挨拶を返してくれたのも印象的で、この会社で働きたいと思うようになりました。

仕事のやりがいはなんですか?

例えば、車のデザインを大きく左右するバンパーなど、車を見ればすぐに分かるような大型部品の金型に携われるのがやりがいですね。また、入社当時に比べると、金型自体への関心もどんどんと高まってきていて、毎回違うものを作り上げていく金型づくりの奥の深さもやりがいの一つだと感じています。

仕事をする上で大切にしていることを教えてください。

時間を大切にしています。もちろん品質は重要ですが、どれだけ品質が良くても時間が遅れてしまうようでは、後工程にも影響が出ますし、ひいてはお客様にご迷惑をおかけすることにもなりかねません。常に時間を意識し、後工程に伝えた時間を遵守することを強く意識する中で、徐々に作業を逆算して時間を読めるようになってきたと感じています。

コヅカテクノを検討している後輩へ
メッセージ

新しい社員が入ってきた時に思うのは、早く仕事を覚えて欲しいと期待をかけるあまり、本人を急かしてしまいがちだということ。焦る必要は全くないので、できることから少しずつ仕事を覚え、長い目で着実に学んでいってもらえればいいかなと感じています。地道にコツコツと頑張っていけば、誰でも成長できる環境が整っていますので、ぜひ一緒に頑張ってもらいたいですね!

仕上げグループ

2013年入社

仕上げグループで勤務しています。機械で加工された金型を確認し、最終的な仕上げ作業を行う部署です。例えば、引っ掛かりがある部分などを見つけ、溶接などの加工を施して微調整を行うことで、品質の作り込みをしています。最終仕上げの工程だけに、品質に対する責任が伴う重要な仕事です。

入社を決めた理由を教えてください。

高校時代に地元企業を訪問する職業体験があり、その時にねじを作る工程を見させてもらい、ものづくりの仕事の面白さを実感しました。その後、高校の先輩が働いている縁で先生からコヅカテクノを紹介していただき、自動車関連のものづくりに携わっていると知り、興味を持ったのが入社のきっかけになりました。

仕事のやりがいはなんですか?

仕上げグループの業務は、作業の段取りを行う部署と、不具合を直す部署に分かれていますが、実際に不具合を直すのはとても難しく、最初のうちは覚えるのが大変で、思い通りに行かないこともたくさんありました。それでも自分なりに考えながら不具合の修正に取り組んでいると、その頑張りを上司や先輩が見てくれて「頑張っているな」と褒めてくださいました。最近では、仕上げのキレイさを評価され、「これは山本に任せれば大丈夫」と言ってもらえる機会も多くなり、仕事のやりがいをより一層感じられるようになりましたね。

仕事をする上で大切にしていることを教えてください。

当たり前のことをちゃんとやることです。これが、簡単のように見えて意外と難しい。特に仕事が立て込んでくると、本来であればやるべきことを怠ってしまいがちです。ただ、周囲の上司や先輩を見ていると、仕事ができる人ほど、当たり前のことをきちんとやっていることに気付かされます。また、相手の言っていることをなんとなく聞き流すのではなく、きちんと受け止めて理解することも大事にしています。

コヅカテクノを検討している後輩へ
メッセージ

相手の話を聞くことはすべての基本です。先輩が説明したとしても、きちんと聞いていなければ失敗につながる。当たり前のことですが、まずは話を聞く。そして、それをきちんと実行できる人に入社してほしいですね。やって失敗するのは仕方がないですが、やらずに失敗するのはダメです。まずはちゃんと行動に移す。これを心掛けてほしいですね。

記事上部へ

募集要項

job description

募集職種 CAD/CAMオペレーター , NC工作機オペレーター , 金型仕上
雇用形態 正社員
業務内容 【CAD/CAMオペレーター】 
自動車用プラスチック部品の金型設計、NCデータを作成する仕事です。
【 NC工作機オペレーター 】 
NC工作機、マシニングセンター等を使い、金型の切削加工を行う仕事です。
【 金型仕上 】 
金型をエアー工具やヤスリで削り、金型の微調整をする仕事です。
勤務地 愛知県名古屋市港区宝神1丁目155番地
勤務時間 8:10~17:05 (休憩時間55分含む)
必要な資格等 高卒以上
休日休暇 ※週休2日制 ( 当社カレンダーによる )
GW , 夏季 , 年末年始 , 慶弔休暇 他
福利厚生 健康保険 , 厚生年金保険 , 雇用保険 , 労災保険 , 日本金型工業企業年金基金
産前産後休暇 , 育児休暇制度あり

copyright KOZUKATECHNO All Rights Reserved.